健康コラム

衛生教育 に関する記事一覧

衛生教育

インフルエンザの流行状況

インフルエンザは、その年その年によって流行状況が変わってきます。 ウィルスの型が毎シーズン変化するため、かかりやすい人や発症時の主な症状などにも違いがあるためです。 インフルエンザの流行状況を把握することで、感染から自分や身の回りの人を守ることができます。 この記事ではインフルエンザの流行状況についてご説明します。 インフルエンザの発生状況 厚生労働省では、毎年9月〜4月のインフルエンザ流行シーズンに、毎週インフルエンザの発生状況を公開しています。 ニュースで「インフルエンザが流行っている」と聞いても、いったいどこで、どれくらいの人が感染しているのかまではわかりません。 厚生労働省の資料では、都道府県別に毎週どれくらいの人が新たに感染しているのかや、合計の患者数についてわかるようになっています。 また、幼稚園や小・中学校、高等学校での学級閉鎖や学年閉鎖の数もわかるようになっています。 お子さんをお持ちのご家庭は、こういった情報も気にしておくといいかもしれませんね。 インフルエンザ流行レベルマップ 厚生労働省のデータをもとに、国立感染症研究所ではインフルエンザ流行マップを作成しています。 都道府県別にインフルエンザの流行状況がどの程度なのかを視覚的にわかるようにしたマップで、発生件数の推移なども見られるわかりやすい資料になっています。 都道府県をクリックして拡大すると、保健所別の感染報告数もわかるようになっているため、自宅周辺の流行状況がわかります。 2023年度のインフルエンザ傾向 今シーズンのインフルエンザは、例年より2ヶ月ほどはやい10月から流行シーズンが始まっています。 そのため、今年の流行のピークは2023年12月〜2024年1月になるのではないかと予想されています。 国内で流行しているインフルエンザA型は「亜型」と呼ばれる何種類かのウィルスの型があります。 一度インフルエンザにかかっても、同じシーズンのうちにまたインフルエンザにかかってしまうのは、この違う種類のインフルエンザウィルスに感染するからです。 すでに一度かかっているからといって安心せず、流行状況を意識して引き続き感染予防に努めていきましょう。 まとめ インフルエンザの流行状況についてご説明してきました。 毎年冬になると小さなお子さんや高齢者のいるご家庭では、インフルエンザを警戒しなくてはならず、気疲れしてしまうこともありますよね。 インフルエンザが流行しているとしても、私たちが自分を守るためにできることは決まっています。 手洗いうがいを徹底する、人混みではマスクを着用する、栄養をとってしっかり眠る、インフルエンザワクチンを打つなどです。 いつも通りの感染症対策をして、インフルエンザにかからないように過ごしましょう。 参考資料:厚生労働省 インフルエンザの発生状況 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou01/houdou.html 国立感染症研究所 インフルエンザ流行レベルマップ https://www.niid.go.jp/niid/ja/flu-map.html ココカラ通信12月号

2023.12.14

衛生教育

インフルエンザ 一問一答 ~その①~

インフルエンザの感染力は非常に強く、日本では毎年約1千万人、 約10人に1人が感染しています。 インフルエンザから一人ひとりを守るためには、 まず、インフルエンザそのものを良く知ることが必要です。  Q1:風邪とインフルエンザの違いは? 【風邪】 鼻水やのどの痛みなどの局所症状。一年を通して罹患する。 【インフルエンザ】 38℃以上の発熱やせき、のどの痛み、 全身の倦怠感や関節の痛みなどの全身症状。主に1~2月に流行のピーク Q2:インフルエンザはどうやってうつる? 主に、飛沫感染と接触感染の2種類があります。 飛沫感染は、感染した人がせきをすることで飛んだ飛沫に含まれるウイルスを、別の人が口や鼻から吸い込んでしまい、ウイルスが体内に入り込むことです。 感染した人がせきを手で押さえた後にドアノブなどに触れると、その触れた場所にウイルスを含んだ飛沫が付着することがあります。その場所に別の人が手で触れ、さらにその手で鼻、口に再び触れることにより、粘膜などを 通じてウイルスが体内に入り感染します。これを接触感染といいます。 Q3:インフルエンザの予防は? 飛沫感染、接触感染といった感染経路を断つことが大事です。 外出から帰ったら、手洗いうがいを心がけましょう。アルコールを含んだ消毒液で手を消毒するのも効果的です。栄養と睡眠を十分にとり、抵抗力を高めるなど、普段からの健康管理も大切です。予防接種も重要ですが、予防接種をしたからといって、必ずかからないわけではありません。発症する可能性を減らし、もし発症しても重い症状になるのを防ぎます。                               ※出典:厚生労働省、啓発ツール インフルエンザ一問一答 みんなで知って、みんなで注意! https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/dl/leaflet20110208_01.pdf 参考資料:ココカラ通信11月号

2023.11.06

衛生教育

9月1日は防災の日です。8月30日〜9月5日は防災週間です。

地震や津波などの自然災害は、時として、想像を超える力で襲ってきます。 日頃から防災対策をしておくことで、被害を最小限にし、自分自身の身の安全を守りましょう。 家の中の安全対策のポイントは? 大地震が発生したときには、「家具は必ず倒れるもの」と考えて、防災対策を講じておく必要があります。 寝室や子ども部屋 ⚫︎できるだけ家具を置かないようにする ⚫︎家具を置く場合はなるべく背の低い家具にし、転倒防止対策をとる ⚫︎家具が倒れてけがをしたり、出入り口をふさいだりしないように、家具の向きや配置を工夫する 家具 ⚫︎転倒したりしないように、壁に固定するなどの対策をする ⚫︎窓ガラスやペンダント式の照明、テレビ、電子レンジ・オーブンなど →凶器となりうるため、地震の発生時、それぞれの部屋にどのような危険があるのかを考えて、対策をする 手の届くところに、懐中電灯やスリッパ、ホイッスルを備える ⚫︎懐中電灯は停電による暗闇を歩くときの必需品 ⚫︎スリッパは割れたガラスなどの破片で足をけがするのを防ぐ ⚫︎ホイッスルは建物や家具の下敷きになった場合に救助を求めるためのもので、少しの息でもホイッスル音が出るので、救助する際の生息の目安になる。 タンス 床側をストッパーなどで固定し、天井側はポール式器具で固定。ポール式器具は、タンスの奥の方(壁側)で、天井や家具の硬いところに取り付ける。上下に分かれている家具は連結しておく。 食器棚 L字型金具やワイヤーなどで壁に固定し、開き戸には開かないように留め金を付ける。ガラスにはガラス飛散防止フィルムを張る。 本棚 L字型金具やワイヤーなどで壁に固定し、重い本は下の段に。本棚の端の硬い部分にひもやベルトなどを取り付けて、本が飛び出さないようにしておく。 テレビ 粘着マットを敷いて転倒を防ぐとともに、機器の裏側をワイヤーなどで壁やテレビボードに固定する。 冷蔵庫 裏側をワイヤーなどで壁に固定する。 窓ガラス 強化ガラスに替えたり、飛散防止フィルムを張ったりする。カーテンを閉めておくことでも室内への飛散防止に効果があります。また、割れたガラスが飛散した部屋でも安全に歩けるように、スリッパなどを近くに置いておく。 出典:政府広報オンライン https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201108/6.html ココカラ通信8月号

2023.08.08

衛生教育

毎年9月1日は防災の日です。

実際の災害時には、ライフラインの寸断により、食事の低温保管ができなくなるなど、食中毒が発生しやすい状況となります。特に、抵抗力が弱い方は重症化する事もありますので、しっかりと防ぐことが大切です。 ☑︎調理や配付、食事の前には、よく手を洗いましょう。 ☑︎水が十分に確保できない場合には、ウェットティッシュ等を活用しましょう。 ☑︎調理を行う際は、食材を火や熱湯で十分に加熱しましょう。野菜などを生で食べる場合には、よく洗いましょう。 ☑︎下痢、発熱、手指に傷がある方は、食品の調理や配布を行わないようにしましょう。 ☑︎調理を行う台所や食器などを、可能な限り清潔に保つようにしましょう。 ☑︎避難所等では、出された食事は保管せずできるだけ早く食べるようにしましょう。 ☑︎時間が経ち過ぎたものは、思い切って捨てましょう。 参考資料:厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000212536_00004.html ココカラ通信8月号

2023.08.03

衛生教育

熱中症クールワークキャンペーン

厚生労働省では、毎年5月〜9月に「STOP! 熱中症 クールワークキャンペーン」を開催しています。 7月はクールワークキャンペーンの重点取り組み期間です。 職場での熱中症によって、令和4年度は約30人もの方が亡くなり、約800人以上の方が4日以上仕事を休んでいます。 熱中症予防には、熱中症についての知識を持ち、正しい対策をとることが大切です。 この記事では、職場の管理者や従業員が熱中症対策としてすべきことをご説明します。 クールワークキャンペーン期間(5月〜9月)にすべきこと まずはじめに、暑さ指数を確認する習慣をつけましょう。 暑さ指数(WBGT)とは、人体と外気との熱のやりとりに着目した指標です。 人体に与える影響の大きい「湿度」「日射・輻射などの熱環境」「気温」の3点を取り入れて計算されています。 全国の暑さ指数は、下記環境省のサイトで確認することができます。 https://www.wbgt.env.go.jp/wbgt_data.php 暑さ指数が高くなればなるほど、熱中症の危険度も上がってきます。 暑い労働環境で働く場合は、暑さ指数を確認しておくことをおすすめします。 その他、具体的には下記のような熱中症対策をしてみましょう。 ☑︎涼しい休憩場所の整備 ☑︎通気性の高い服装 ☑︎暑い時間帯の作業時間短縮 ☑︎暑い環境に徐々に慣らす ☑︎水分塩分の定期的な摂取 ☑︎日常の健康管理 ☑︎作業中の労働者の健康状態の確認 重点取組期間(7月)にすべきこと 特に急に気温が高くなる7月は、まだ暑さに慣れていない人が多いため、熱中症で倒れる人も多くなる傾向があります。 7月に特にすべきこととしては、上であげたような熱中症対策が本当にできているのか、確認しておきましょう。 熱中症対策を習慣化することはとても大切です。 今一度熱中症対策を振り返る必要があるのです。 特に、熱中症が疑われる人への対応も必要になります。 少しでも本人や周りが異変を感じたら、必ず一旦作業を離れて涼しい場所で休憩させましょう。 休憩しても体調が戻らない場合は、ためらわず医療機関へ連れて行ってください。 もし意識障害がある場合は、迷わず救急車を呼んでください。 日頃から従業員の状態をよく観察しておくことが管理者には求められます。 職場での災害を起こさないためにも、熱中症対策を徹底しましょう。 まとめ 地球温暖化が進み、真夏日や猛暑日はなくならないのが現状です。 熱中症患者の数も正く対策しなければ減ることはないでしょう。 職場の管理者が熱中症対策をすることも大切ですが、働く従業員の方々も熱中症についての知識が必要です。 知識を持ち、対策をすることで熱中症を予防できます。 自分たちが働いている環境の暑さ指数を把握し、指数に応じた熱中症対策を徹底しましょう。 参考資料:厚生労働省 STOP! 熱中症 クールワークキャンペーン https://neccyusho.mhlw.go.jp/pdf/2023/coolwork2023_jp_.pdf ココカラ通信7月号

2023.07.26

衛生教育

全国安全週間

厚生労働省では毎年7月1日から7日までの1週間、「全国安全週間」を実施しています。 今年、令和5年度「全国安全週間」のスローガンは「高める意識と安全行動 築こうみんなのゼロ災職場」です。 この記事では「全国安全週間」や職場の労働災害についてご説明します。 全国安全週間の目的 「全国安全週間」の基本理念は、人命の尊重です。 労働災害を防止するために、産業界全体での労働災害防止活動を推し進め、職場での安全に対する意識を高め、労働者が安全に働ける環境を保つことが目的です。 「全国安全週間」は昭和3年から実施され、今年で96年目にあたります。 さまざまな労働災害防止策が毎年実施されていますが、それでも事故や災害がゼロになってはいません。 だからこそ「全国安全週間」という活動をきっかけに、定期的に安全対策を見直し、労働災害防止への意識を高める必要があるのです。 近年の労働災害傾向 労働現場の管理者と、そこで働く労働者は、お互いに協力して労働災害を防止しようとしています。その成果もあって、労働災害は長期的に見れば減少しています。 令和4年の労働災害については、死亡災害は前年を下回る見込みです。 しかし休業4日以上となる死傷災害は前年を上回る見込みで、近年だけ見ると増加しています。 なかでも転倒や腰痛といった労働者の作業内容が原因とされる災害や、高所からの墜落や転落といった死亡災害は、あとを絶たないのが現状です。 ゼロ災運動とは 今年の「全国安全週間」スローガンの中にもある「ゼロ災」とは、一切の労働災害を許さないゼロ災害・ゼロ疾病を究極の目標とするための用語です。 ゼロ災運動は、死亡災害・休業災害をなくそうというだけの取り組みではありません。 職場のなかや作業中に潜むすべての危険を発見・把握・解決し、労働災害をゼロにしていくことが目的です。 職場によって、労働環境も作業内容も業務の危険度も変わってきます。 職場や作業にひそむ危険を発見・把握・解決するために、関係者全員が協力し合い、自主的、自発的に労働災害防止を実践していきましょう。 第14次労働災害防止計画 「労働災害防止計画」とは、労働災害を減少させるために国が重点的に取り組む事項を定めた中期計画です。 第14次労働災害防止計画は2023年〜2027年にわたって展開され、今年はその初年度にあたります。 第14次労働災害防止計画では、「誰もが安全に働くためには、労働の関係者全員が安全衛生対策について自身の責任を理解し、真摯に取り組むことが重要である」としています。 そして「労働者の安全衛生対策に積極的に取り組む事業者が評価される環境を作ることで、労働災害を減らすことができる」としています。 まとめ 労働災害は年々減少し続けています。 これはひとえに、一人一人が安全に働ける職場づくりや労働災害防止への意識を持っているからでしょう。 今後も安全で労働災害を起こさない職場であり続けるために、全国安全週間を活用してみてください。 参考資料:厚生労働省 令和5年度「全国安全週間」を7月に実施 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_32482.html 厚生労働省 労働災害防止計画について https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000197308.html ココカラ通信7月号

2023.07.20

もっと見る

友だち追加でお気軽にご相談していただけます。

友だち追加後、ご相談内容を送信してください。
担当者より、追ってご連絡いたします。
お急ぎの方はお電話にてご連絡ください。

  • QRコード
  • LINE友だち追加 ID:@kokoromate

pagetop